スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は輝いている

部屋にカインさんが久しぶりにやってきた。
話を聞いているとミッションはほとんど野良しかやらないというので
それならばとこの日、新規配信された「旧跡の死闘」に誘ってみた。
「新規ミッションのSをやらないか?」パシリのエントリー基板を
のぞいたらダンボール肉まんの文字が見えたと黒い噂が絶えない
リズさんに連絡を取るも「S2をやりたい」と日中友好条約
一方的に破棄された。
おかげで片っ端から接続している友人に打診する羽目になり、
互いに面識のない人たちばかりのPTが結成された…。
(今回、写真と本文はあんまり関係がありません。)

カインさん
シルフィード一族の末裔であるカインさんが血相を変えて部屋に飛び込んできた。「大変だ、Winさん!私以外にシルフィードを騙る連中がいるんだ!」「あのメガネだな!」勇者には心当たりがあった(C)SEGA

ところでカインさんといえば”彼”の事を思い出さずにはいられない。
彼は今頃、どうしているだろうか…。
それは今年の4月ごろのことだった。

シルフィード1
正統シルフィード軍として決起した我々の元に有志たちが集う。「くら!」”セーラー戦士”チャチャさんの同士として知られる天女さんが思わずうめく。暗雲立ち込めるこの世界に光を取り戻せるのはいつの日か(C)SEGA

いつものようにパトカを眺めていたらカインさんとあのアデちゃんが
紅ミッションで同じ乱入部屋にいることが判明。
退屈がてらに自分も参加してみた。
「日本人です!」知人が二人いる上、”JP ONLY”と部屋名にあった
のでそのように元気よく挨拶した私を待っていたのは
部屋主っぽい高レベル黒キャスト君の冷たい視線だった。

シルフィード2
真実を見抜く力をもつ伝説のダブルアギトは何処へ。シルフィードを名乗っていいのは我々だけだ。ちなみにWユウナは実質解散状態(C)SEGA

まるで少女漫画から抜け出したかのようなさわやかな笑みを
浮かべる半裸の勇者が注目を浴びることに嫉妬したのだろう。
黒キャスト君は「変態か」とへそを曲げる。
その後、「こんな適当なやつ」と憎まれ口をたたかれながらも
私は献身的にPTに貢献。
意に介さずメンバーと歓談する私を目の当たりにして
黒キャスト君はいたたまれなくなったのかその周でPTを抜けた。

シルフィード3
クリスタルに手を触れると予期せぬ場所へと我々は転送された。「隊長!」不測の事態に理澄さんが浮き足立つ。「考えるな、感じるんだ!」勇者はばつが悪そうにシティに単身戻り再度タクシーに乗った(C)SEGA

それから数日後、またも紅ミッションで黒キャスト君と遭遇した。
S2にも参加できるだろうに、前回と同じくなぜかSランク。
こちらのことを覚えていないようなのでこれ幸いとばかりに
彼のことをじっくりと観察させてもらうことにした。

シルフィード4
真シルフィードに月さんも身を投じる。”全身レンジャー”の勇者がFTというだけで事態の重大性が画面全体から感じられる。「ボーっとしてると回復するよ」満身創痍の勇者を気遣うかけがえのない仲間たち。その言葉はいつもひょうきんな理澄さんだけに胸に突き刺さる(C)SEGA

「よろしくお願いします」黒キャスト君の何の変哲もない
ありふれた挨拶を皮切りに戦いの火蓋は切って落とされた。
開始数分後に事件は起きた。
ゴヴァーラの群れに意を決して突入した前衛二人に対して
戦闘終了後、彼はこのように凛然と言い放った。
「あ~と一言言わせてくれ」
「自分で責任取れない行動はするなよ?」

シルフィード5
傷つき、その痛みにより敵の卑劣な幻覚から脱出する理澄さん。シルフィード首領は学生時代、木に変身する術を会得したらしい(C)SEGA

呆気に取られたままの我々を置き去りにしつつ言葉を継ぐ彼氏。
「スケド捨てる勇気があるなら」
「突っ込め」
「そのときの君は輝いている」
そのとき、私は誰よりも黒キャスト君が輝いて見えた。
そして彼がなぜランクの低いミッションでとどまり続けるかが
痛いほど伝わってしまった…。
シルフィード6
最初に気づいたのは勇者だった。ハンゲーの麻雀仲間リィナ(ルーナ)さんはパンダのトントン(CPUキャラ)と唯一互角に闘える強者。若者に”気づき”を与えるのも勇者の使命だ(C)SEGA

「は~い」
「おけw」
納得したのかどうかわからないが前衛二人は事を荒立てることなく
その場を収めた。

シルフィード7
仲間たちから全幅の信頼を置かれる裸の勇者。まさに一騎当千だ(C)SEGA

「罠のほうがいいかも?」
突如、黒キャスト君が立ち止まった。
「よかったらやりますよ^^」と、
先ほどの前衛の一人が応答。
「じゃ頼もうか、えーと」
「あいよw」と前衛A。
「まってちょ、経費出すから
さっきの前衛Bが唐突に落ちた。
黒キャスト君「回線か?」
私はモニターの前で腹を抱えて笑った。

シルフィード8
野良で聞いたら地雷確定の定番フレーズ「ありがとう!助かる!」を連呼するカインさん。その孤独ゆえの無知さが涙を誘い、仲間たちの絆を深める(C)SEGA

トラップ代を出す、出さないで押し問答を繰り広げる二人。
それはまるで飲み代の支払いをめぐる先輩後輩のやりとりかのよう。
固唾を飲んで事態を見守る我々。
その間、ミッションの進行は中断されたままだ。
音もなく後衛の一人が落ちた。
「よくおちるなぁ」黒キャスト君はつぶやいた。
私はモニター前で軽い痙攣を起こした…。

シルフィード9
シルフィードは人間の心に潜む「弱さ」のようなものだった。返事はなかった。戦う意味と目的すら失ってしまったカインさんは無言だ。柔らかな陽光を浴び、撃ち尽くしたぼろぼろのツインハンドガンは前に突き出されたまま。それは何よりも彼の心を雄弁に物語っていた…(C)SEGA

その周で満足したので私はミッション終了後にPTから脱退。
確かあと一人ぐらい謎の回線落ちがあったような…。
台詞は原文ママです。
その後、よそのPTを覗いてみたらさっき落ちた前衛さんを発見。
ちょっぴり嬉しくなった。
ちなみに黒キャスト君のパトカはもらってません。
スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターユニバース
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

さつき!さんじょう~!

誰もつっこまないから添削する!

 ↓ここ、すごく!まちがってる~!!
 ↓
>まるで少女漫画から抜け出したかのようなさわやかな笑みを浮かべる半裸の勇>者が注目を浴びることに嫉妬したのだろう。

っていうかお久しぶり!!

リズ!よじょうは~ん!(共同トイレ、風呂なし)

本人はこんなところまで読んでないだろうと
言いたい放題のMXです。
そこは!あんまり!突っ込まない!!
それに久しぶりって感じがしない!

ちなみに6畳半のトイレ風呂つきね

えー
最近のボヤキ
プロフィール

WinMX

Author:WinMX
低収入ボンクラサラリーマン。
スキあらばアフィリエイト貼りまくるので是非ご利用ください!

FC2カウンター
最近のコメント
リンク
最近の記事
カテゴリー
メーカー黙認
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
フリーエリア
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト http://pso2.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。