スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇妙な電報

スクリュークラッシャーパンチが…!

先日、いきなり我が家に電報が届くという珍しい出来事があった。
電報といえば祝電と弔電があるが、哀しいかなウチにはそんなおめでたいことなどそうそうないので、「すわ、親族の誰かが死んだのか?」と父と二人ちょっとした騒ぎに。
ところが受け取ったのが「祝電」で、本文もとりとめの無いようなことがずらずらと長文で書かれており、何がなんだかさっぱりわからない。
文中で身に覚えのある名前があったのでもしやと思い、メールで確認をとってみたところやはり送り主は”その人のご母堂様”だった。
彼氏曰く、以前からかなり”弱って”おり、こういったことが度々あるそうで「そうっとしておいてほしい」とのこと。
一見幸せそうに見える家庭でも、何らかの問題を抱えているのだなと父は神妙な面持ちで高級そうな台紙に電報を再び収め直し、私に手渡した。
(事務職やってた頃、得意先に電報で慶弔メッセージを送ることが多かったのでわかるのだが、漢字混じり文だし5000円はかかってるのではないだろうか。)
そして「ところでこの○○クン(送り主のご子息)は今何をしてるんだ?」と尋ねるので、「なんもしてねぇよ(無職)」と私は即答。
父は深くため息をついた。


話は変わって、ようやくFF14のαテストが始まったそうで。
個人ブログなんかでスクリーンショットは見られないのでもしかして参加者には守秘義務があるのかね。
せめてβのケツぐらいには当選して緊張感の欠片もない物見遊山日記を書き散らそうと思ってただけにちょっと気になる。
βテスト最終日に製品版でまた会いましょうとばかりに並んで手を振って記念撮影しているところにこっそり紛れ込むのを一度やってみたかったんだがなぁ…。
まぁ公式の紹介動画とか見てると色々ロビー?アクションも出来るようでとても楽しそう。
あれで会話がチャットログじゃなく吹き出しだったらよかったんだけどねぇ。
MH3のときも思ったけど味気ないから嫌いなんだよね、チャットログは。

こないだ買った「ブラックホークダウン」は面白かった。
思ったより(「プライベート・ライアン」に比べてだが)音響に迫力がなかったのがちょっと残念だったけど、やっぱリドリー・スコット監督はいいなぁ。
派手なドンパチだけでなくこういう逼迫して喉の奥がひりつくような感覚も戦争映画の魅力の一つだよね。
アメリカ負傷兵にまるでゾンビ映画のように殺到するソマリア人のみなさんがたまらん。
スポンサーサイト
最近のボヤキ
プロフィール

WinMX

Author:WinMX
低収入ボンクラサラリーマン。
スキあらばアフィリエイト貼りまくるので是非ご利用ください!

FC2カウンター
最近のコメント
リンク
最近の記事
カテゴリー
メーカー黙認
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
フリーエリア
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト http://pso2.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。